landing point

絹の神様、咲前神社にご奉納

咲前神社

咲前神社の由来

咲前神社には白いヘビが棲むといわれ、ヘビを拝んで神社から借りて来ると「蚕が当たる」といって信仰されていました。養蚕の敵であるネズミは、飼っている蚕を食べ、できた繭を食い破ってさなぎを食べてしまうので、咲前神社にお参りして、「神様、どうぞ白いヘビをお貸しください。」とお願いして家へ帰ると家の梁や棟に白いヘビがニョロニョロ這い回って、ネズミを退治してくれました。それからは咲前神社では、希望する人には「筆描きのヘビの絵」を授与することになり、絹を守っていただける有難い神社となりました。

天皇陛下ご即位20年記念植樹
咲前神社本殿

咲前神社本殿

咲前神社では、四季折々の祭典や太々神楽、様々なご祈祷などが行われています。特に夏越の大祓・茅の輪くぐりは毎年七月三十一日に行われ、無病息災を祈る行事で境内に設けられた茅の輪をくぐると千年の寿命を授かるといわれています。

咲前神社「ネコ石」

咲前神社「ネコ石」

拝殿の左右に「ネコ石」といわれる大きな石があります。ここに小石を供えて拝み、これを借りて帰り、神棚に上げて拝んだり、蚕室に置くと「ネズミ除け」になり、豊蚕になると信仰されています。昨今は参拝者が願掛けにと小石をのせています。

咲前神社「大絵馬」

咲前神社「大絵馬」

本殿の入口に飾られている年の絵馬。巾約3m高さ約2mの大きな絵馬で、参拝の人々の招福を見守っています。参拝者の多くは小さい絵馬に祈願を書き奉納しています。

桑っ茶をご奉納

天皇陛下ご即位20年を記念して、咲前神社に桑の木をご奉納すると共に、組合が開発した「くわっ茶」を献上しました。
「くわっ茶」は桑の葉を原料として作られています。桑の葉は、ビタミンと栄養が豊富で美容と健康には特に良いとされています。

くわっ茶

【参加企業】

  • 群馬県内養蚕農家130軒
  • 有限会社 藍田染工
  • 碓氷製糸農業協同組合
  • 有限会社 江島屋染工場
  • 株式会社 カブト
  • 絹小沢株式会社
  • 斉栄織物株式会社
  • 佐啓産業株式会社
  • 坪金工業株式会社
  • 南久ちりめん株式会社
  • 丸進機業株式会社
  • 株式会社 丸本
  • 山直織物株式会社
  • 株式会社 ワタマサ
絵馬
このページの最上部へ